シスター

お帰りになられるのですか?

レグルス

ああ……返事はしっかり貰った

シスター

それでも、せめて夜が明けるまでいたほうがよろしいかと

レグルス

私もそう思っていたのだが……。
そのまま連れて帰りたくなるからな

シスター

……そうですか

レグルス

しばらくは来れない

シスター

分かりました。
伝えておきます

レグルス

……何かあれば知らせてくれ。
出来る限り力になる

シスター

そのお気持ちだけで十分でございます。王子

シスター

お気をつけて

レグルス

ああ。感謝する

え?
夜明け前に帰った!?

ソレイユ

そうシスターに聞きました!
私何かやらかしてしまったのでしょうか!?

…………

アステル

あーあ……デザートお預けかぁ

ソレイユ

ああ!
揚げイモッ!!

ホントに食べさせる気だったのか……

アステル

よし、オレが食うから作っていいぞ!

ソレイユ

では作りましょう!

作るのか!?

アステル

食べないの?
じゃあオレ一人で食うぞ~♪

食べないとは言ってない!

ソレイユ

じゃあ多めに作りますね!

少将

どうでしたか?

レグルス

ソレイユは、可愛い

少将

しっかりなさってください。
貴方のほうが可愛いですから

レグルス

……すまん。
何だって?

少将

結果です。
それにより今後の動きが決まりますので

レグルス

ああ、承諾された

少将

……そうですか

レグルス

不満気だな

少将

不満なのは私ではありません。
相当な人数が裏で囁き合っています

レグルス

……だろうな

少将

いっそのこと、その娘を連れてきて有無を言わせず公式発表してはいかがです?

レグルス

ソレイユを危険に晒すわけにはいかない

少将

我々と親衛隊で四六時中監視──もとい護衛すれば何とかなると思いますが?
私はしませんけど

レグルス

しないのか!

少将

どこの馬の骨とも分からない孤児の娘など……例え王太子妃でも興味ありません

レグルス

……そう、なるよな

少将

怒らないのですか?

レグルス

ハラワタが煮えくり返るというのは……こういうことなのかと今実感しているところだ

少将

そうですか

レグルス

しかし、それが皆の本音でもあるのだろうな

少将

……あの娘のどこが気に入ったのです?
貴方に釣り合う娘ではないのは、誰が見ても明らかでしょう?

レグルス

どこが……?

レグルス

どこだろうな?

少将

私が怒りますよ?

レグルス

仕方がないだろう!?
気付いた時には好きになっていたのだから!

少将

何でもいいから理由を付けてください!
皆をどう説得するつもりですか!?

少将

“人を好きになるのに理由がいるか!?”なんて寝ぼけたことは許されませんよ!?

レグルス

分かってる!
ソレイユのいいところを100個くらい考える!!

少将

色ボケしてないで真面目にやれ!

レグルス

……すまん

少将

まったく……。
では私は失礼します

少将

裏で囁き合う連中をどう処分するか、考えなくてはなりませんので

レグルス

ちょっと楽しそうにするな!
まだ説得もしていない段階だぞ!?

少将

最悪の想定はしておくものです。
理由が思いついたら呼んでください。何とでもします

レグルス

……そうか

少将

ああ、勘違いしないでいただきたい。
本来私はそういう仕事のほうが好きですので。
貴方が気負う必要はありません

少将

最悪な趣味とよく言われますが、それが何より楽しいのですよ

レグルス

本当に、最悪だなお前は

少将

お褒めに預かり光栄です。王子

pagetop