ソレイユ

…………

いかがでしたでしょうか?
この町は

レグルス

町の規模、人口、生活水準も平均程度だろうな。
表通りは活気もあるし、町全体を見ても整備はなされているようだ

レグルス

……ただ、裏通りはスラムになりかけているから何とかしたほうがいい

裏通りまで視察なされたのですか?

レグルス

裏通りこそ見るべき場所だと思っている

レグルス

華やかな場所だけを見るのであれば誰だってできる。
私が来る必要もないだろう

レグルス

……その昔、サウスのある国の王子が旅に出たことは知っているか?

サウスの王子……?

レグルス

王子と言っても末席だったようだが、王子であることに変わりはない

レグルス

民の声を聞き、魔物に苦しむ者たちを救い……その王子は後に勇者となった

レグルス

歴史的にはありふれた勇者のため認知度は低いようだが……末席でも王子であったというところは非常に面白い

レグルス

サウスとは国の事情は違うが……私もイースト国内を自分の目でしっかり見たいと思っている。
天の勇者のようにな

高邁なお志に敬服いたします

ソレイユ

何を言ってるのか理解できません!

……王子?
あいつが?

ステラ

そう!
私もさっき気付いたんだけど、間違いないと思う!

ふーん

ステラ

あれ?
驚かないの?

どっかの貴族サマかなとは思ってたけど、貴族も王族も似たようなものだろ?

ステラ

全然違うから!

…………

ステラ

ソレイユ玉の輿!?

……ちょっと魔物蹴散らしてくる

ステラ

ステラ姉さんも一緒に行こうか?

いい。一人で行ける

ステラ

本当の意味で魔物を蹴散らしに行かないでね?

本物の魔物は町にいないから大丈夫

ちょっと行ってくる!

ステラ

……ホントに大丈夫なのかな?

ソレイユ

結局、何を言っているのか全然分からないままお食事会が終わってしまいました

レグルス

お前には関係のないことだからな。
気にするな

ソレイユ

最後に出てきたデザートは甘くて美味しかったです!
あれ何だったんですか?

レグルス

あれはケーキだ。
甘いからといって食べ過ぎると肥えるぞ

ソレイユ

き、気を付けます!

ソレイユ

そもそも食べる機会がないですけど……

レグルス

……そうか。そうだな

ソレイユ

それにしてもレグルスさんは偉い人なんですね!
この町で一番偉い人が畏まってましたもんね!

レグルス

……あ、ああ。
そうだな……

レグルス

……お前は、私のことが何者なのか未だに分からないのか?

ソレイユ

え!?
教えてもらいましたっけ!?

レグルス

…………

ソレイユ

レグルスさんが何者でも、私は好きになってたと思うので気にしないでください

レグルス

気にするのは私なのか……?

レグルス

……ソレイユ。
お前は以前“孤児にも優しかったから”と言ったが、孤児に優しければ誰でもいいのか?

ソレイユ

…………

レグルス

優しくしたのは……外面だけだ。
仕事の内だ

ソレイユ

…………

レグルス

私は優しくなどない。
現に教会へはその時以来行っていない。
孤児院などに興味はない

レグルス

……お前のことなど、好きではない

ソレイユ

好きになってほしいなんて思ってません

レグルス

…………

ソレイユ

い、いえ!
好きになっていただけたら嬉しくは思います!!

ソレイユ

でも、不釣合いなのは分かります!
私もそこまでバカじゃないです!

レグルス

……そうか

レグルス

昼に会った時もそうだったな。
私の妻になることを遠慮した

ソレイユ

あれ冗談だったんじゃないんですか!?

レグルス

冗談だった

ソレイユ

で、ですよね~……

レグルス

しかし……この私がここまでこっぴどくフラれたのは初めてだ

レグルス

だから、お前が欲しくなってきた

ソレイユ


どういう理屈ですか?

レグルス

理屈を言って理解できるのか?

ソレイユ

多分分かりません!

レグルス

堂々と言うか……

レグルス

ライバルもいるしな。
燃えてきた

ソレイユ

えっと……?

レグルス

私に惚れさせてやるから、覚悟しておけ

ソレイユ

え?
あ、はい!

レグルス

……決まらないんだが

お話し中失礼いたします。
レグルス様、ソレイユ様、お部屋の準備が整いました

レグルス

そうか

ソレイユ


お部屋?

レグルス


お前は私と共にここに泊まるのだぞ?

ソレイユ

そうなんですか!?

レグルス

用意した部屋は一つだな?

そのように仰せつかりました

ソレイユ

婿入り前のレグルスさんと同室なんてとんでもないッ!!

レグルス

……何故自分の心配をしない?

ふざけるなーーーッ!!

侵入者!?

ソレイユ!!
帰るぞ!!

ソレイユ

あれ? どうしたんですか? こんなところで

レグルス

私の婚約者の迎えだ。
すまないがソレイユは帰るそうだ

畏まりました

誰が婚約者だ!?

ソレイユ

婚約者!?

レグルス

……という設定にしていたはずだが……。
話を聞いていなかったのか?

ソレイユ

すみません!!

レグルス

まあいい。今夜は助かった。
後日改めて礼をしよう

ソレイユ

いえ! お気になさらず!

ソレイユ!

ソレイユ

では私は戻りますので!

レグルス

……ソレイユ。
手を出せ

ソレイユ

え?
はい……

!?

ソレイユ

!?

何してんだ!?

ソレイユ

ふおおッ!?
手にキスされてしまいました!?

レグルス

別れの挨拶だ

ソレイユ

あ、挨拶でしたかッ!!

絶対ウソだろ

レグルス

……この私が子供に対抗心を燃やすことになるとは思わなかったな

…………

行くよ、ソレイユ

ソレイユ

はい!
じゃあレグルスさん、お手紙お待ちしています♪

レグルス

ああ

レグルス

……まったく、調子が狂う

もうよろしいですか?

レグルス

いきなり出てくるな!

ソレイユ

ところで、こんな夜中に子供が一人で出歩くなんて……感心しませんね

トイレ行こうと思ったら迷った

ソレイユ

え!?
大丈夫なんですか!?

夜で良かった

ソレイユ

フリーダムにしちゃダメですッ!!

冗談だ!
途中で見つけてちゃんと済ませた

ソレイユ

むむ……ッ!?
とりあえず信用しますね?

うん

ソレイユ

どこが冗談でどこが本当なのかイマイチ分かりません……

とりあえず、もう眠いから早く戻ろう

ソレイユ

そうですね!
今度ははぐれないように手を繋ぎましょうか!

…………

ソレイユ

ステラさんが心配していると思うので、急ぎましょう!

……そうだな!

pagetop