ヴィクターJr.

わー!本当に真っ黒な森だね!

此処で、野宿したら楽しいんだろうなー!

フォーリ

そうですね。居心地が良いです。

ヴィクターJr.

だよね!だよね!

ヴィクターJr.

あ!堕天使様!
見てみて!

あんな所に、何かが吊るされてる!

ニオミヤ

え?

何にも見えないけど。

ヴィクターJr.

え……。

グレイル

オレも何にも見えない

ヴィクターJr.

じゃ、じゃあ、あれは幽霊…?

グレイル

怪物が幽霊怖がるなよ…。

フォーリ

私は見えますよ。

ヴィクターJr.

あ、それなら安心……。

ヴィクターJr.

でも、吊るされてるって事は何かあるよね?

フォーリ

確認してきましょうか。

ヴィクターJr.

ああっ、待って待って。
吾輩も空飛べるから!

グレイル

ほー。
あっと言う間に、空飛んだな。

グレイル

というか、何も見えなく――

グレイル

――っと、ちょっと、

此処、エグイな…。

ニオミヤ

ちょっと、大丈夫?

グレイル

無理。
寒気も熱気も、殺気も全身に刺さる

グレイル

一瞬、意識失ったな。

そして、空が見えるわけだ。

グレイル

案外、倒れるだけで身体が楽になるもんだな

ニオミヤ

聖水いる?

グレイル

あ、いや、もういい。
寝転がってれば楽。

ニオミヤ

…………。

ニオミヤ

全身思いっきりかければ良い?

グレイル

お前、聞く気ねぇだろ!?

言っとくけどなぁ、聖水は効果的だけど
頭ぼーっとさせるから嫌なんだよ。

ニオミヤ

はいはいはーい。

龍医さんもしてるんだから、舐めないで頂戴。

ニオミヤ

貴方、このままだと衰弱死まっしぐらだから。
諦めて頂戴

グレイル

どいつもこいつも、妖精扱いしやがって…!

ニオミヤ

だって、普通の人間はすぐそんなにならないもの

グレイル

まじか。

しかも、三本持ってくるとは本気だな!?

ニオミヤ

いきまーす!

グレイル

……っ、かはっ……!

グレイル

殺す気か。

グレイル

前言撤回ー、生き返ったー。

けど、しばらく、このままでいさせて。

ニオミヤ

このまま?大の字で倒れてるまま?

ここら辺の吸血鬼に食べられちゃうわよ?

グレイル

え?

ニオミヤ

まあ、仕方ないから、お姉さんとお家帰ろっか

グレイル

しかし、朝起きたら「妖精」と張り紙を貼られ売り物になっている……と。

ニオミヤ

しないわよ。

なんで貴方を守る行為でこう文句ばっかり言われないといけないのかしら?

ニオミヤ

確かに、ヴィクターくんは不安だけど。

ちょっと、師匠関連に手を出すの怖かった部分もあったから丁度良い…かな…

グレイル

なんだ、怖いと思ったけど
ただの人か。

ニオミヤ

貴方失礼な奴ね?

ニオミヤ

そう。たかが無力で非力な人間。


だから、死ぬか死なないかの間で生きるのって大変なのよ?

グレイル

で、やっぱり自分の足で歩いて帰れって言うのかコレ?

ニオミヤ

大分時間たったから、
身体の痺れはキレてるでしょ?


帰ったらカオルちゃんを森に向かわせて、グレイルくん療養しつつ、作戦会議だから♪

ヴェッセル

カオルちゃんに良い事教えてあげようかー?

今、カオルくんだお!じゃねぇ、カオルだ!

ヴェッセル

もうすぐ、ニオミヤちゃん帰ってくる!!足音がする!!

却下

ヴェッセル

来るもんは来る!

残念だったね!!

雨季

おいで。
メイクしてあげる

やめろよ!
俺は、このままで十分!

カオルちゃん、あんなに可愛かったのに
もったいない

そ……そうか…?

ヴェッセル

かわいいよ!宇宙一可愛いよカオルちゃん!

本当か? そこまで言うなら……!

雨季

かわいくしてあげるわよ?

お願いします!!

カオル

メイクしてもらってきたおー!

ヴェッセル

あははっ、かわいいよー。

カオル

なっ……これは……また…ハメられたか…!!

ヴェッセル

カオルくんは、そろそろ馬鹿なの治した方が良いよ。

カオルちゃんの時の方が何故か、やけに頭回ってる気がする。

カオル

たぶん、周りが思考フリーズしちゃってるからだお!

ヴェッセル

その気持ち悪い口調さえ治れば、わりと可愛いってことは言わない方が良さそうかな…?

pagetop