続き、開始♪

ノリ軽ッ!

私から質問ね。
貴方が来てから一度死に戻ったけど、私は貴方の前で魔法は使わなかった。
それなのに貴方は“魔法を使った”と断言したわ

自動的に発動するようにすれば何の問題もないでしょう。
オレだって自動発動する魔法は使えるわけですし

オレに関しては、ここに来た時点で手動に切り替えればいいだけだろ?

簡単すぎたわね……。
じゃあ次の質問、“私は何故退屈しのぎに死に戻りを始めたか?”

いきなり核心?

答えられる?

オレはあんたじゃないし、あんたの考えてることなんて分からない

…………

だからといって“分かりません”なんて答えを言うつもりはないから安心してください

そうこなくっちゃ♪

さっきも言ったように、ホントのところはあんたにしか分からないから外れてるかもしれない、という前提で話をしていいのであれば──

“被害者を助けたかった”

…………

残念だけど、あの子に特別な感情はないし、正直どうでもいい存在よ?
だから何度死に戻っても可哀想とかそういう気持ちは一切ない。
むしろ娯楽として死に戻りを楽しんでいる立場だと思うけど?

でしょうね。
でも“被害者を助ける”ことで“オレを助ける”ことに繋がるなら、あんたはやるんじゃないんですか?

何故そう思うの?
あの子が死んだら貴方も死ぬの?

別に死にはしないですけど、生徒が死んで何も思わないほどオレは薄情じゃないつもりですから

オレもあの子には一切特別な感情は持ってないけど、それでも“知っていたら”助けたいとは思うし、その力もあるつもりですよ

でも、貴方は“死に戻り”を直接助けはしてないんじゃない?

そんなことしても無駄でしょう!?

直接助けるより、根本的解決のほうがいいに決まってるから……オレは今ここにいるんですよ

“貴方を助ける”って、その程度の理由?

“退屈しのぎを探していたら、偶然オレの生徒が死ぬ寸前だったんで、助けたついでにループごっこして遊ぼう”と思ったあんたにそんなこと言われたくないですね

あ……全部読まれてる……

しかもただ遊ぶだけじゃなく、こうやってオレがここに来ることを期待した。
あんたの本来の目的はおそらくこっち

どうして?

……あんたに気に入られてるから

貴方も退屈していたでしょう?

それは否定しないですけど……

このままじゃ貴方は私のことを完全に忘れて、残りの寿命が終えてしまいかねなかった。
それはあまりにも薄情ではなくて?

…………

貴方は根本的なことを言わないのね。
“何故あの子が何度もループしてしまうのか?”

危険を一度回避すれば、あとはそれほど危険なこともないでしょう?
なのに何故あの子は何度もループしてしまうのかしら?

それは最初に言った“何故あの生徒なのか?”に繋がる。
オレもそれは分からないからここに来たんですよ

……あれほど死にそうな目に遭うのはハッキリ言って異常だわ。
正直なところ私にも分からないけど、あの子は死ぬ運命なのかもしれない

回避する方法は?

分からない。
色々試してみたんだけど……

…………

……嘘つき

!?

分かった。
とりあえず一日くらい何とかする

それでもダメならまた考える

な、何をするつもり?

別に。
ちょっとだけ昔の血が騒ぐ感じなだけですよ?

……大人になってもヤンチャなのね

普段はものすごく大人しいですけど?

貴方が表舞台にちゃんと立ってくれるなら心強いわ。
任せてもいいかしら?

お任せを

じゃあ面白そうだから、新しい“刺激”を私から送るわね♪

あー……そういうの全然求めてないんで、慎まないで遠慮します

えぇ!?
貴方が参戦するなら絶対面白くなるのに!

勘弁してください……

pagetop