フカザワナオコ、イラストレーター&漫画家です。
独身生活を漫画にしたりしてましたが、昨年アラフォー地味婚しましてただいま結婚1年ちょいの43歳です。
ここストリエでは日頃思ってるあれやこれやを書いていこうと思います。

43歳っていうとけっこういい年だと思うのですが、まだまだやったことないこと知らないことたくさんです。

よく考えたらすっぽんも食べたことないし、シャワートイレもやったことないし(なんか怖い)。
そう、いくつになっても未体験なことってまだまだ山のようにあるんだなぁ。

いつかやってみたいなと思いながらもどんどん時間は過ぎちゃうので、タイミングが合えばこれ幸いとはじめてを経験していこうと思ってて。

ってことで先日仕事で泊まりで東京に行くことになり、そのときにあることを初体験してみたのです。

それは、カプセルホテル…!

泊まりっていうといつもだいたい安めのビジネスホテルをネットでぱぱっと手配してって感じなのですが、昔から一度カプセルホテルに泊まってみたいと思ってまして。

ほんとにカプセルなの?
中はせまくないの?
音漏れとかどうなの?
そもそもどんなシステムなの?
あぁ、気になるカプセルホテルの世界…!

というわけで仕事で東京行くのをいいことにネットで調べて、あるカプセルホテルに目星をつけたのです。

そこは飛行機のファーストクラスをイメージしたカプセルホテルで、厳密にはカプセルではないものの一応箱の中にベッドがうなぎの寝床みたいにあるっていう感じ。

カプセルホテルの性質上、部屋には鍵はかけられなくて(フロアが男女別になってて女性フロアには専用キーで女性しか入れないので安全面は大丈夫とのこと)ドアがわりのブラインドで開け閉めっていうすごくシンプルな作りなのです。

でも一室一室テレビもついてるし鍵付きのセーフティボックスもあって、別室だけど大浴場もトイレもあって、一泊5800円…!
多分ほんとに昔ながらのカプセルホテルだともうちょっと安いとこいっぱいあるんだろうけど、新しめなコンセプトのとこなのでこれぐらいの値段なのかも。

思ったよりは安くないけどカプセルホテル初体験にはちょうどいいかもなーとそのホテルのサイトを見ていたら、なんともうワンランク上の部屋もあるみたいで。

1000円アップの一泊6800円のその部屋は5800円の部屋にはない床(!)があってサイドテーブルも置かれてて、パッと見は超せまいワンルームって感じなのです。

1000円で床、1000円でサイドテーブル…。
何よりサイトで両方の部屋見比べると、5800円の部屋の長細感が本当に閉鎖的に見えてきちゃって…。

カプセルホテル初体験で、床もなくベッドだけの安い部屋にしたはいいもの、実際その場に行ったら想像以上に閉鎖的な空間で「ぎゃーーーーー!」ってなったらどうしよう…!

やったことないことやってみたいっていう好奇心は人一倍なのに、肝心なとこで妙に小心者なんですよね、ほんと…。

結局二日ぐらいサイト見まくって悩んだ末に「1000円ぐらいのことなら…!」と床のある一泊6800円のいいほうの部屋を予約した私なのでした。
ほんともうチキンだなー。

ここまでお金出したら普通に安いビジネスホテル泊まれるような気もしたけど、それだとはじめてにはならないからな、と中途半端なお金のかけ方で初カプセルホテル体験することになったのでした。

で、実際そのホテル泊まってみて率直にどうだったかっていうと思ったより狭さも感じず不都合もなく。
隣からの音漏れも自分がヘッドホンでテレビ見てるからかそんな気にならなくて。
これだったら5800円の部屋でも多分大丈夫だったかもなと思ったり。

結局ずっとベッドの上でスマホいじったりテレビ見たりだから床あってもなくても関係ないし、結局寝に帰るだけの宿泊なら広かろうが狭かろうがあんまり気にならないんですよね。

チェックアウトするときには「うん、次カプセルホテル泊まるときはもう少し安いとこでも大丈夫だぞ…!」と妙な自信すら生まれた私なのでした。

一人でどこかふらりと行くのならこういうのも気軽でいいなぁ~。

第5回 まだある「はじめて」なこと

facebook twitter
pagetop