ビアンカ

どうしてですか!?

勇者

普通猫は喋らないだろ

和真

そうですね

ビアンカ

だからって、勇者が外出するのに付いていけないなんて……あんまりです!

勇者

今日だって学校には来なかっただろ?

ビアンカ

学校へ行くのと遠出するのでは全然違いますッ!!

和真

違うの?

ビアンカ

違いますよ!!
学校には一応紅もいて、勇者に何かあったら助けるでしょう!?
でも遠出なんかしたら誰が勇者を助けるんですか!?

和真

父さん助けてくれるんですか……?

勇者

……一応助けられたようなことはありますね

ビアンカ

私も付いていきます!!
猫の姿ならバレません!!

勇者

おそらく電車に乗るから無理だろ……

和真

どこに行くんですか?

勇者

水族館をリクエストしたから、ほぼ決定だと思う

和真

歩くには遠いですね

勇者

ですよね

ビアンカ

この姿でなら問題ありませんよね!?

勇者

問題大有りだ

ビアンカ

何でですか!?

勇者

飛鳥と瑞樹はクラスメイトだ。その中にお前がいるなんて違和感しかないだろ

ビアンカ

でもSP?だかっていうので認識はされてるんですよね!?
一緒に行ってもいいんですよね!?

勇者

だからってホントに一緒に行かせるわけにはいかないだろ!?

和真

外で今みたいに騒いじゃったら周りに迷惑ですもんね

勇者

カズくんの言うとおりだ

ビアンカ

酷い!私は勇者のことが心配なだけなのに!!

和真

猫さんたちのことは紹介しないって結論なんですね

勇者

そらさんやみつさんが特殊だっただけだと判断しました。
向こうでこちらの話をしたところで、信じる人のほうが少数でしょうしね

ビアンカ

…………

勇者

ビアンカ

ビアンカ

……はい

勇者

お前もネラも、私の大切な仲間であることは変わりない。
だからそう不貞腐れるな

ビアンカ

不貞腐れてません!

勇者

心配してくれるのはありがたいが……私はもう大人だ

ビアンカ

こっちではまだ成人前ですよ!?

勇者

揚げ足を取るな!

勇者

ネラと比べてもお前のほうが贔屓してるだろう?
それで我慢できないか?

ビアンカ

……そうですよね!
ネラなんて呼ばれたのも遅かったですし、勇者は私のほうが好きなのは間違いないですよね!

勇者

…………

和真

先に呼ばなかったらうるさそう……

ビアンカ

それに、一般人に私の姿を気軽に晒すのもどうかと思い始めてきました!
勇者が私のことを大切に想ってくれているならそれだけでも十分ですよね♪

勇者

……そうだな

和真

…………

ビアンカ

でも!!
何かあったら呼んでくださいね!?
私はいつでも勇者の身を案じてるんですから!!

勇者

あ、ああ……そうする

ビアンカ

では私はそれで納得します♪

勇者

…………

和真

そういえば錫さん。亜空間に物を置いておくのってどうしたらできるんですか?

勇者

……そうですね。一言では説明しにくいんですが……

和真

一言じゃなくても大丈夫です

勇者

私の場合ですが、部屋をイメージします

和真

部屋…ですか

勇者

目には見えませんが、普通の部屋と同じようにそのイメージした部屋に物を置く……。
取り出す時も実際の部屋にある物を持ち出すのとほぼ同じ感覚です

和真

…………

勇者

一つ違うのは、物を取りに行かなくてもいいということですかね?
物のほうからこっちに来るというか……。
イメージの部屋には距離という概念がないので、手に取りたい物はそう思った時点で手の中にあるという感じですね

和真

……分かったような、全然分かんないような……

勇者

紅に聞いたほうがおそらく分かりやすいと思います

和真

父さんに、ですか?

勇者

大賢者様に聞きましたが、紅は同調も簡単に出来るらしいので……口で説明するよりは分かりやすいかもしれません

和真

同調って何ですか?

勇者

……感覚の共有というか……。
紅の場合は魔法を使った時の感覚をダイレクトに相手に伝えられるらしいので

和真

勇者

私たちの“他人の思っていることを感じ取る”感覚も一種の同調だと思っていいと思います。それは一方的なものですが、紅がやるのは完全な共有なので……正直私にもサッパリ分かりません

和真

錫さんはできないの?

勇者

出来ません。簡単にやってのける紅がオカシイんです!

和真

チートなんですね……

勇者

チートなんです……

和真

錫さんってどうやって亜空間のこと覚えたの?

勇者

天がそういうのを出来ると聞いて、最初は実際に部屋に剣を置き手元に召喚するところから始めました。
元の位置まで戻すのがとても難しかったのですが……そこは努力です

和真

最初から亜空間にしまうんじゃなくて、ちゃんと目で見てイメージを固めたってことですか?

勇者

はい。
実際亜空間に物を置くのも大変で、何本も剣を紛失しましたけど……

和真

なくなっちゃうの!?

勇者

イメージを固定しきれないとボトルメールのようにどこかに行ってしまうんですよ

和真

どっか行っちゃった剣ってどこに行くんだろ?

勇者

さあ?

和真

スペースデブリみたいな感じになっちゃうのかなぁ?

勇者

スペースデブリ?

ビアンカ

私は太ってません!

勇者

突然話に入ってくるな!!

和真

デブじゃなくデブリです……

勇者

ともかく、私はそこまで責任が持てませんので紅に相談してください

和真

結局父さんなんですか……

勇者

召喚や転移を簡単にやってしまうカズくんならそれほど問題なく出来ると思いますが、何かあったときに私だと対処できない可能性も高いんですよ……

和真

…………

勇者

紅だって天に最初は手伝ってもらったらしいですし、難易度は相当高いのは事実です

勇者

というか天の領域に勝手に入り込んだ件について追及しきれてなかった!!

ビアンカ

忘れてたんですね

和真

勇斗さんに怒られたんじゃなかったっけ?

先生

そろそろ晩御飯ですよー

和真

あ、はい!

勇者

本体ぶっ飛ばす!!

ビアンカ

加勢します♪

先生

何で勇者くんキレてんの!?

つづく

pagetop