エイミさん、運動をしましょう。たまには体を動かして、いい汗かくのよ。

お珍しい。どうしたのですか。普段自分からそんな事おっしゃらないのに。

年頃の女性が急に運動の話をする。……はっ もしや。

ウィーン……センシングデバイス作動中。土にかかる圧力の分布を判定……ロック。確定しました。――対象:恵さんの体重を測定します。

やめろ、やめろ。
まじで、許して、助けて。

いやまあ、白状するけどさ。ちょっとここんとこ食べ過ぎちゃって。お腹周りがやばいんだ。

こりゃ運動でもしないとね……

どうせ3日で飽きますよ。

仮にもお世話ドロイドのセリフとも思えませんが。

どうせ飽きるのは事実だけど……だからこそさ、エイミさんにも一緒に参加してもらえないかな。

一緒にやってくれたら、続けられる可能性あるじゃない。ジョギングとかさ。

エイミはお世話ドロイドですので。運動をする機能はありませんよ。

そう……残念。

考えてみれば、エイミさんは太ったり運動不足になるわけじゃないもんね。運動なんて、必要ない能力なのかな。

エイミは結局人ではない。恵さんの隣で、同じ行動を、同じ喜びをわかちあうことは出来ないのでしょうか。……ごめんなさい。

ん……なにも、いつも同じことするだけが全てじゃないでしょ。運動が出来ないなら……あたしの運動量とか、効果とか、記録したりしてサポートしてくれない? あたしが飽きないように。

マネージャーと言うわけですね。それならエイミにも出来ます。お任せください。

では早速、恵さんの現体重をネットワーク上で共有し、そこから導かれる最適な運動プログラムを検索し……

ばっちり個人情報! 助けてー!

19 運動:共に体を動かし、喜びを共有すること

facebook twitter
pagetop