まずは閉じ込められてみようよ

はじめまして皆様。まさか廃れた校内掲示板にあんなことを書いて、まさか5人も人が集まるとは思いもしませんでした。しかも皆様初見だなんて。じゃあさっそく自己紹介しましょう。私は3年生の織月美里(おりつきみさと)です

 織月美里は、自分の周りに椅子を丸く置いて4人座らせて、とりあえず挨拶をした。
 今回のゲームの提案者として。

次あなたどうぞ

私は……城崎(きのさき)あきら。2年生よ

あきらさん。どうぞよろしく

ええ

 城崎あきらは、その肩にかかるロングヘアーを右手で払った。

次あなたどうぞ

はい。僕の名前は斉藤俊(さいとうしゅん)です。2年生です。どうぞ宜しくお願い致します

よろしくお願いします

 斉藤俊は、メガネをくいっと上げて、いかにも真面目そうだった。

次あなたどうぞ

……

すみません、あなたどうぞ

……

聞こえませんでしたか?

ちっ、めんどくせーな。俺は井田藤次(いだとうじ)だ

ありがとうございます

 井田藤次は、どうもこの場に似合わない風貌の男子生徒だった。

最後にあなたどうぞ

あっ……えっと、私ははるの……

? すみません、もう一度お願いいたします

あっごめんなさい、春野瀬彩香(はるのせあやか)と言います……

よろしくお願いします

 春野瀬彩香は、おどおどして答えた。

これで全員ですね。では皆様、今回のゲームの趣旨はお分かりでしょうか?念のため確認します。斉藤さん、お願いできますか?

はい、今回の趣旨ですね。それは織月さんが掲示板に書かれていたことを説明すればよろしいでしょうか?

はい、お願いいたします

 コホンとひとつ咳払いをし、斉藤は答える。

今回のゲームの趣旨は、皆で3日間この家の中に閉じ込められ、最後まで全員生き残れば、織月さんから賞品がもらえると言うものでした。間違いないですか?

その通りです

僕は、そのゲームの本意が知りたくて、このゲームに参加しました

なるほどですね。本意。お教えしましょう。それは、私のひとつの疑問から始まります

はい

なぜ、こんなにも今、世の中には、数人がある密閉された空間に閉じ込められ、そして殺人ゲームをしだす物語が多いのか?という疑問です

ほう

絶対そうなるのかを実験したかったのです

では、織月さんは場合によっては今から殺人を起こしたいと言うのですか?

いいえ、違います。最初に斉藤さんが説明してくださった通り、今回は全員生き残ることが目的です。皆閉じ込められても生き残ることが出来ると証明したいのです

そうだったのか

 そこで口を開いたのは井田だった。

どうしました井田さん

いや

気になりますね

お前に話しかけてねえよメガネ

口が過ぎるのではありませんか?

っるせーな!

おふたりとも喧嘩はおやめ下さい。今回の趣旨は皆生き残ることです。それを最初から喧嘩しては先が思いやられます

ちっ

申し訳ありません

ねえ、早速だけど

 城崎が手を挙げた。

賞品って何もらえるのよ

 それは、織月以外の人間が心の奥底で期待していることだった。

それは……

それは?

図書カード500円分です

 驚愕と落胆がおり混じった沈黙が流れるのは当然だった。

ちょっと何それ!私たちそんなことのために来たんじゃないわよ!

そんなに期待してくださっていたのですか?申し訳ありません

申し訳ありませんじゃないわよ!

おいおい……そりゃねえだろー……

 城崎だけでなく、井田もつい愚痴がこぼれる。ほかふたりもその程度は違うが、やはり期待に反した答えに何か思うことがある顔を見せた。

……皆様がそんなに落胆されるとは思いませんでした。でもご安心ください。冗談ですから

冗談なの!?

おいおい……

じゃあ何がもらえるのよ?

秘密です

 口元に人差し指を置いて、織月はポーズをとって見せた。

気になるわね……。もし図書カード1000円分とかだったら本当に怒るわよ

その冗談も面白いですね

面白くないわよ!

 一連の話が終わると、城崎はそっぽを向いて足を組み、黙り込んだ。

それでは皆様、ゲームを始めましょうか。とは言いましても、この家で普通に生活して貰えればいいわけですから。簡単ですね

 今まで一度も笑わなかった織月が笑顔を見せた。

To Be Continued ...

pagetop