とめ蔵は、お絹を連れて夕暮れの森を歩いていた。

お絹

へー。森って、道があるのねぇ

とめ蔵

ええ、まあ。

とめ蔵はあまりにも無知なお絹の言動に、少々戸惑っていた。変な人だな、といぶかりながらも、先を急ぐ。
 
もうすぐ、日が暮れる。

闇に紛れて、人ならざる者が活動を始める前に、とめ蔵は一刻も早く帰りたかった。

お絹は、森を歩き慣れたとめ蔵よりもずっと、歩みが遅かった。
森の中をキョロキョロと見ながら、

お絹

ねえ、あの実は何?

とか、

お絹

まあ、こんなところにキノコがあるわ!!

などと、急ぐとめ蔵の服の裾を掴んでは聞いてくるので、

とめ蔵

あれはククの実です。まだ青いですけど。

とか、

とめ蔵

それは毒キノコです!
食べられません。

と、急ぎながらも最初のうちは丁寧に答えていたものの、ついに王女が立ち止まって

お絹

疲れちゃった

と溜息交じりに言い出したときには、とめ蔵の堪忍袋も、限界だった。

とめ蔵

いい加減にしてください。早く戻らないと俺も貴方も怪物に喰われます。喰われて骨だけになって、しゃれこうべになって家に帰りたいんですか? 俺はそんなの嫌ですよ。疲れたならここで休めばいいです。俺は家に帰ります。帰って家の戸締りをしなきゃ。怪物に食べられないようにね!! あなたはどうするんですか? ここでゆっくり休んで怪物に食べられるの、待つんですか? バカみたいに座って、食べられるの、待つんですか?? ははは。そいつは愉快だなあ。ま、せいぜいしゃれこうべでも戻れるといいですよね。大抵は跡形も残りませんから

とめ蔵はキレた。とびきりの笑みを浮かべながら。

そしてこのタイプの人間を、お絹は他に一人、知っていた。

幼き日の王女

えいっ

それは、王女(今はお絹)がまだ幼かったころ、部屋中を折り紙の輪飾りで飾ろうと思いついて、ベットの天蓋にぶら下がっていたところを見つかって、

スミス

王女、そこはぶら下がる場所だなんて、誰が教えてくれたんですか? 私はその方に是非お礼を申し上げたい。そんな、不躾で、品のない、王女にあるまじき行いを教えてくださった方は、一体、どこの、誰なんでしょう?

お絹は笑顔でぶちギレているとめ蔵をみて、落ち込むどころかこんなことを思っていた。

お絹

お、同じだわ。
むしろレベル高いわ

お絹

あなた、スミス…いえ、知り合いによく似てるわ

とめ蔵

スミス…

それを聞いて、とめ蔵はある男を思い浮かべた。

とめ蔵

もしかして、白髪で頭にシルクハットをかぶった執事、だったりして

お絹

あら、よくわかったわね

お絹は嬉しそうに答える。

とめ蔵

え?

夕暮れの森を歩くお絹の後ろ姿を見ながら、とめ蔵は立ち止まった。

じゃあ、この人って…まさか

その頃、城では

スミス

で? いつまでいる気ですか

乙姫

え~もうちょっといいじゃん

執事が暇を持て余して遊びにきた乙姫にティーパーティを

スミス

めんどいから 帰れ

無理強いされてキレていた。

乙姫

んで? 王女はどこいったんだよ?

気にせず話をする図太い神経の乙姫。

スミス

ちょっと

乙姫

「ちょっと」ってなに?

スミス

「腐海めぐり」を……

乙姫

はあ!?

執事は嘘が下手だった。

乙姫

いきなり消えた…?

執事から王女に起こった事のあらましを聞くと、思案顔で乙姫はそう言った。

スミス

ええ。何か、心当たりはありませんか?

さすがの執事も、一人で抱えるには問題が大きすぎる。王女は、今どうしているのか、鉄面皮のはずの執事の顔に不安の色が差していた。

乙姫

何だろうな。
王女に限って魔法じゃあるまいし。

スミス

…そうですね

お絹ととめ蔵が森を歩くこと30分。

案の定日が暮れてしまった。

二人は急いで小屋へと向かう。
お絹の手を掴んでとめ蔵は、みるみる暗くなっていく森を横目でみつつ、不安を募らせていた。

ひんやりとした空気が森の暗がりから流れてくる。汗がとめ蔵の頬を伝う。

とめ蔵

まずいな…

今日に限って、武器は持ってきていない。明るいうちに戻るつもりだったからだ。油断が、仇となった。命の危機が迫ったとき、後悔しても、命は一つきりしかない。「ああすればよかった」は、なんの救済にもなりはしない。

お絹

……

お絹は体が「ビクリ」と強張った。聞いたこともない音が、森中に響き渡る。

とめ蔵

……

まったく運がない。
とめ蔵は、覚悟した。あの声は、間違いなく「跡形も残さない」タイプの怪物のもの。

だが、小屋まではもう、そんなに距離はないはずだった。立ち止まっている暇はなかった。とめ蔵はお絹を連れて駆けだした。

異様な気配が周りに漂っている。今にもその暗闇から何かが飛び出してきそうだ。

お絹は、とめ蔵の手をギュッと握った。

それから、二人は暗闇に怯えながらがむしゃらに森をかけた。

二人の息遣いと、足音だけが聞こえている。

お絹は思った。このまま、怪物に食べられたら、国はどうなるのだろう。スミスは? 自分の帰りを待っているだろうか。

死を、悲しんでくれるだろうか。

そこまで考えて、お絹の胸は締め付けられた。
自分は何一つ、伝えていない。思いも、願いも、何も……。もしも、生きて帰れたなら、伝えなければ、そして、スミスの話を、聞かなければ。

ついにとめ蔵が歓喜の声をあげる。

とめ蔵

よし! 着いたぞ!! 小屋だ!!!

二人は急いで中に入る。

お絹

はぁ…はぁ…

なんとか生きたまま小屋に着くと、お絹が息をつく間も、休まずとめ蔵は小屋の戸締りをし、暖炉に火を入れた。

ランプにも火を入れると、部屋が明かりに満ちた。

お絹はそれをみて、心底ホッとした。

お絹

よかった

そこは、とある森の中。小鳥が飛び交い、陽の当たる道で、赤ずきんもまた、暇を持て余していた。

赤ずきん

あ~ヒマひま。暇だ~

pagetop