スーパーアイドル緑君!

連載中(4)

 歌川織姫は二次元オタク。同じ二次元オタク友達と楽しい学校生活を送っていた。
 そんな彼女には二、五次元で唯一推しているアイドル・音無緑(りょく)が居る。偶々彼が声優を務め、アニメとキャラソンの演技や情熱的な歌声で惚れたのだが、どうしてか彼の声には懐かしい物を感じていた。しかし二次元オタクとアイドルオタクは相容れない者だと思っていた織姫は彼について誰にも話せないで居た。
 そんな中で高校二年に進級した織姫は音無緑(みどり)と同じクラスになる。
 始業式から遅刻してきた彼はアイドル緑と瓜二つで織姫は思わず息を呑むが……いきなり遅刻して来たと言うのにそれを否定的に捉えられず、多くの友人達に囲まれている緑の様子を見て『陰キャラ』の自分と対局である『陽キャラ』と判断し、後ろの席になりながらも避けて通りたいと感じる。また緑との態度の違いからも全くの別人で『双子の弟』だという自己紹介を信じ切っていた。しかしその日の夜、忘れ物を取りに教室へ行くとアイドル衣装の音無緑の姿があった。態度もそのままクラスメイトの緑の物で、織姫はクラスメイトの緑=アイドルの緑だと勘付いてしまう。すると緑の態度が豹変し、クラスメイトの緑の姿もアイドルの緑の姿も演技だと告げる。
更に緑が「俺の下僕にしてやる」「『王子様』アイドル緑のファンで居たいのなら、当然拒否権は無し」ととんでもない発言をした事から織姫は結果的に関わるようになるのだが……。
 二次元オタク×猫被りトップアイドルの学園ラブコメディ。

藤花詩空さんの他のストーリー

ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換してお金にまつわる恐ろしい実体験を晒す

 これは藤花のエッセイ『ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換シリーズ』の第六弾! これは藤花がお金にまつわる体験談の中で最も恐ろしいと感じた話。 就職して間もない頃。藤花は大好きなアーティストのライブに行き、クレジットカードにそのアーティストの物があると知る。 そうして即決でカードを作った。しかし初めてのカード。わからない事だらけだった。 何もわからないまま案内されるままにリボ払いを選択した。それが間違いだったのだ……! その間違いに気付かないまま作者は分割払いにも手を出す。恐ろしい未来が待っているとは知らずに……。 これは“クレジットカード”いう“見えないお金”にまつわる実体験。 明日この罠に嵌るのはあなたかも知れない……そうこの黒髪美少女に脳内変換され体験を綴る彼女は未来のあなたの可能性だってあるのだ……。

2021.10.16 完結 (1)
0
0

ストリエ終了→復活に伴うストリエ作者・藤花詩空からの大切なお知らせ

2021年3月、ストリエ終了。それについてのお話。今後の創作活動について等。移行未定作品の裏話なんかも語っています。※ストリエ再始動に伴い残存作品・移行済作品語りの頁は非公開になっている為、Noがズレている可能性があります

2021.07.03 連載中 (9)
0
2

男の娘クエスト!VS氷の女王

 御銅高等学校には厳しい生徒指導として学校の風紀を守る“氷の女王”の異名を持つ教師が居る。社会科担当渋縁理世だ。 そんな彼女は年度変わりで困った生徒を抱える事になってしまう。何と堂々と女装して学校に来ている少年・甘深苺愛である。 当然厳しく指導に当たる理世だがそんなの何のその。全く行動を改めない苺愛に理世は手を焼いていた。 特に理世は実は女装男子が大好きなオタクという裏の顔を持っており、家では同居の甥を女装させる趣味まであるという秘密を抱えていた。つまり苺愛に厳しい指導をしたくないのが本音であり、尚更苦戦を強いられていた。それでも学校の風紀を守る為、『氷の女王』の鉄仮面が剥がれないように指導に当たっていくのだが、やっぱり苺愛は聞かない所かそれを楽しんでいる余裕さえ見せてきて……。 氷の女王・理世VS揺るがない最強問題児男の娘・苺愛。 その戦いは周囲の人々も巻き込んで今日も加速する! 理世の鉄仮面が剥がれるか、苺愛が女装を辞めるのか……勝負の行方は!? クール女性とキュート男子の日常バトルラブコメディ!使用させて頂いているアイコンメーカー様はこちら↓https://picrew.me/image_maker/196270https://picrew.me/image_maker/81052https://picrew.me/image_maker/43383https://picrew.me/image_maker/135049

2020.11.19 連載中 (1)
0
0

イラストレーター

おすすめのストーリー

フォーチュンクッキーゲーム

私の通う学校では、3年に一回、フォーチュンクッキーが配られていて…

2021.01.01 連載中 (6)
2
1

あやかし食堂

毎週金曜日の夕方にアップ予定です。ここは元々原住民である妖(あやかし)と戦争で勝利した人間が共存する島。戦争が終わって10年。すっかり、人間が持ってきたハイテクな技術と機械、知識によりこの島も豊かになった。妖も敗戦の経験により人間を受け入れて仲良くすることが出来るようになった。ただ、それにより失われたものもあった。それは妖の健康。人間の持ってきた恩寵は全て妖の心と身体に合うとは限らなかった。すぐ、アレルギーのような症状が出て亡くなった者。中毒を起こすくらいに乱用して依存から抜け出せなくなった者。少しずつ心身の機能が落ちて、老化も早まってしまう者。……特に、飲食物の被害が顕著だった。特に戦後5年までは。そして、島の都市部に小さな食堂がある。元々は薬を作っていた家系の妖だったが、戦時中から少ない食材で周りの健康を守りたい。と考え薬堂を食堂に変えた。この食堂を切り盛りしていた妖の双子の姉弟。特に弟は終戦後。人間の食べ物が増える中、新しい食材を妖に合うように料理の研究に励んでいた。しかし、10年が経ったある日。弟の身体に異変が生じた。歩行障害により彼は厨房に出ることができなくなった。代わりにいつもホールで持ち前の明るさとお世話好き、ちょっと料理は苦手な姉が1人でこの食堂を切り盛りすることになった。介護とお店の両立。長くは続かなかった。半年で弟の魂は旅立っていった。姉はなんの迷いもなく食堂を完全に1人で再スタートさせる事を決意した。また自分の料理を上達させる。お客様も新たに作って来る方が妖でも人間であっても元気になって欲しい。その熱意と明るさを持って今日も【あやかし食堂】の看板を出していた。『よーーし。今日もよろしくお願いしまーーっす。』※キャラクターアイコンはイメージです。投稿イラストを使用しています。イラストレーターの方々、誠にありがとうございます。

2021.10.15 連載中 (33)
1
6

砂漠の戦士アイラ

◆毎月21日更新◆用心棒の少女が傍若無人な少年の護衛として砂漠を旅する話。

2021.07.01 連載中 (11)
41
4
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • コメディ
  • 学園
  • 日常
  • ラブコメ
  • オタク
close