タワー型マンション・昼

マンション、家、住宅、昼、晴れ

タグ登録

くもくもさんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

極夜のトワイライト

早乙女星香は大学受験を控える身で十二月を迎え、ラストスパートに備えていた。そんな夜、両親が留守にしているため誰もいない家に帰るはずだったが、予備校から帰宅する途中で偶然コインロッカーに遺棄された乳児を発見する。星香はろくに考えもせずに誰もいない自宅に乳児を連れて帰り、名前がわからないので仮にベイビーと呼んで世話をするが、自分がなぜ軽はずみにこんなことをしたのか自問する。そして、去年の夏の出来事を回想するのだった。去年の夏休みに星香は彼氏の遠峰渉の家で宿題をしていたが、そこで二人は一線を越え、望まない妊娠をしてしまう。その経験は星香の心に傷を残し、それから一年が巡っても過ちを悔み、同時に子供がいれば温かい家庭を運んでくれるという幻想を持つようになったのだ。星香はそれを想い起し、自分がそんな感傷に胸中を満たされて、こんなことをしていることに気付く。星香はベイビーのこれからの行く末を案じ、自分の手元に置いておきたいという想いを募らせるが、何もできない自分の無力さを痛感する。事態がこうなった以上、警察に届けなければならないが、実の両親のもとに送り返されても幸せな結末は待っていない。それでも翌日には両親が帰って来るため、残された時間が迫っていた。そんな時、眠りに落ち、夢の中で自分の娘と称する少女に出会う。星香は少女に過ちを詫びるが、少女から愛する心は不滅で転生を続けるという教えを諭される。星香は少女に来世でめぐり会うことを懇願し、少女もそれに応えて消えていく。目を覚ますと夢の内容を反芻し、自分が昨日からこんな行動を取っている本当の理由を悟る。時刻は午前五時になり、別れの時が来た。星香はベイビーを抱えて夜明け前の街を歩いて交番に向かう。その途中で朝日が昇り始め、夜空に光が差し込んでいく。星香は暁の光を全身に浴びながら、自分の心にも夜明けが訪れたのを感じる。そして、過去に囚われていた自分と決別し、やっと自分の心に秘めた答えにたどり着く。最後はベイビーを交番に届け、二日間の子育てを終えるとともにベイビーの幸せを願って別れを告げるのだった。

2018.07.02 完結 (5)
0
0

お題deストリエ

このお題deストリエに参加させてください!お題deストリエに参加したいんです!!!ここで参加させてください!!!!!ナンチャイ様企画に参加させていただきます!なんかでも自分間違ってないか?もしよろしければご意見、感想、ご指摘ください。

2018.06.25 完結 (1)
20
7

Multi Element《刻の代償と世界樹の鍵》

――過去を代償に未来を救う少年の物語。――人間の意思に従って自在に任意の元素へと変化することのできる万能元素:Multi Element、通称ME(ミー)が発見された世界で、オレは記憶を代償に未来を視る。※「小説家になろう」にて同小説を掲載しています。http://ncode.syosetu.com/n8485cr/※キャラクターイラストの一部については「英雄ジェネレーター」を利用して作成したものであり、該当サービスの利用規約に則り、コピーライトを併記したうえで使用しています。http://suc.au-chronicle.jp/web/generator/

2018.06.23 連載中 (39)
0
8

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 現代
  • 建物
  • マンション
close