東方 響太

思いついたら吉日。作者さえもどう転ぶかわからない話を気が向けば書いてます。お話を彩るキャラクターや背景、そして効果線などを描いてくださっているイラストレーター様がたに感謝します。ありがとうございます。

このつま先を知っている

私はこのつま先を知っている。これは私の足だ。だけど、これは私の足ではない。これは……、とあるメイドの決心の物語。

2017.08.16 完結 (2)
0
2

同居人は関西弁の魔王

一人暮らしの生活の最中、ある日急に転がり込んで来た関西弁の魔王を追い出したくてたまらない伊東くんと、そんな伊東くんを弄ぶ魔王の話。

2016.04.06 連載中 (2)
4
13

Prologue!

台詞のみで進行する超SS(すっげえみじかいショートストーリー)!こいつらの冒険はここから始まるんだぜ!

2015.11.13 完結 (1)
2
2

なんてつまらない密室ゲームなのかしら(仮)

大体の小説ではなぜ密室に数人閉じ込められたら大抵殺人ゲームが始まるのか?絶対そうしないといけないのか?ということで、私たち初めて出会った男女5人、自ら閉じ込められてその定義を覆そうと思います。これは人が死なない、生き残るための密室ゲームです。

2018.11.03 連載中 (22)
20
258
pagetop